今回は「自分の衣類を使い切る生活」について、お伝えしていきます。

 

さて、ミニマリストは、最小限しかものを持たないようにしていますが、それは逆に言えば、ものを必要以上に買わないので、最後までものを使い切るということになります。

ミニマリストは捨て魔なのか?

 

ミニマルな生活を始めた当初は、自分の必要なものを見極めるのに、時間がかかります。そして、不要なものを大量に捨てることになります。

 

なので、「ミニマリストは、ものを大事にしないのではないか?」と疑問に思われることもあると思います。

 

けれど、それは全く逆で、実はミニマリストはものを最後まで愛し、使い続けているのだと私は思っています。

 

なぜかというと、自分に必要なものを選ぶ生活をしているからです。

 

つまり、自分がものを選んだ時点で、そのものを使い込んでいくという気持ちに、あふれるのだと思うのです。

 

少なくとも私はそうです。選りすぐった中から選んだ生活用品ですから、大切にしたいという気持ちに余計になります。

グリーンの2パターンの衣類

 

私の衣類でいうと、その季節ごとに着る服は、2パターンがほとんどです。

 

「わあ、少なーい!」と思われでしょうが、私はそれでなんの不自由も、不満もありません。

 

毎日、洗濯をすれば回っていきます。洗濯をしない日はまずありませんから、翌日着替えがないなんてことはありません。

 

おしゃれの面でいうと、私はすごくシンプルな色や形が好きなので、流行などには全く関係ありません。

 

そして、毎日の家事や外出がしやすい服装なので、とてもオールマイティーです。

 

そんなお気に入りの2パターンの服なので、服が伸びてしまったり、色があせてしまうまでは、いつまででも現役で活躍してくれます。

 

私もいくらお気に入りの服といえども、見た目にみっともなかったら着るのはやめます。そして、次のお気に入りを見つけに行くでしょう。

 

そんな風にして、私は、下着から季節ごとの衣類まで、大事にして着ています。

大事にして着ることで得られるメリッット

 

でも、このようなやり方をしていると、自然に、丈夫で使いやすい衣類を選ぶ目が養われていくんです。

 

なので、結局は、無駄な買い物をすることがなくなり、節約につながっていきます。

 

メリットが次々生まれるんですね。

 

よく、何でもかんでも大事だと言って、ものを家にためている人がいますが、大量にあるものを限られた人生の中で、果たして使い切ることができるのでしょうか?

 

それこそ、たくさんあるからと、ものを最後まで使い切らなかったり、出番がこないままで、最後には処分ということになりかねません。これでは、本末転倒ですよね。

まとめ

 

ということで、ミニマルライフは、最小限の必要なものを選択する生活ですが、非常にものの価値を重視して、大切に使い切る生活でもあるのです。

 

私は、ミニマルライフこそが、ものとうまく付き合っていける究極の生活法だと自負しています。