若い頃はいろんなメイクアップ用品に、興味がわくものです。私もメイクをし始めた頃は全然分からなかったので、いろんな商品を買っては使っていました。

 

今うちの長女がまさにそんな時期で、いろいろな化粧品を買ってはメイクをしています。

 

ミニマリストになった私はというと、本当にシンプルなものを持つようになりました。そんなミニマリストのメイクアップ用品について、今回お伝えしていきますね。

私のメイクアップ用品

 

私のメイクアップ用品は、小さなカゴに入れて収納しています。入れる物も少ないので、小さなカゴで十分なのです。

 

持っているものはこれくらいです。

• リキッドタイプのファンデーション
• まゆブラシ
• まゆペンシル
• 透明リップクリーム

 

本当にこれだけ?というようなメイクアップ用品です。けれど、私はなんにも困るようなことはありません。

シンプルメイク

 

私は素顔でいることがとても好きです。それは、肌になんにもつけない方が、楽でいられるからです。

 

けれど、仕事の日にはさすがにメイクをします。メイクといっても必要最低限のメイクですが。

 

つけるのは、ファンデーションだけで、あと眉ペンシルで眉を整えます。あと、乾燥防止のためのリップクリームをつける感じです。

 

アイシャドウやほおべに、口紅なんかはつけません。

 

そんなシンプルなメイクですが、メイクする前と後では、肌の状態が全然ちがってきます。自分の肌にあったファンデーションをつけることで、肌の状態がきれいに補正されて見えるからです。

 

なので、必要に応じて、メイクはする必要もあるのかな、とも思っています。

 

社会に出て働く場合などは、特に必要ですよね。第一印象が大切になってきますから。

素顔でいるのが好き

 

それでもやはり、私は素顔でいることの方が好きですね。メイクが面倒くさいからというのではなく、肌が楽でいられるからです。

 

メイクをすると、どうしても肌に負担をかけてしまいます。それは、毛穴をふさぐことだったり、化学物質で作られた化粧品の皮膚からの吸収だったりします。

 

それに比べて、素顔はなんにも負担になるものがなく、皮膚呼吸も正常にできます。なので、肌の健康やきれいさを長く保っていけます。

 

そんな感じなので、私は、仕事以外はいつもすっぴんなのです。でも本当だったら、仕事へもメイクなしでいきたいところですね。

メイクの時間は7分

 

私のメイク時間はメイク用品が少ないこともあり、7分もあれば終わります。仕事の日の朝は忙しいので、7分メイクは本当にいいですね。

 

シンプルメイクにすることで、時間の節約にもなり、一石二鳥です。

 

また、メイク用品を減らすことで肌への負担も軽減できますし、お金の節約にもつながります。

まとめ

 

ということで、私の”メイクアップ用品” についてお伝えしました。メイクアップ用品のシンプル化、なかなかいいと思いますよ。