私たちの心の中は、ネガティブかポジティブか、どちらかの状態です。ちょうど中間の状態もあるかもしれませんが、それでもどちらかに傾いています。

 

心がポジティブな状態では、心が元気で問題がないのですが、ネガテイブの状態だといろんなマイナス面が出てきてしまいます。

 

また、ネガティヴ思考はぬけだすのも難しく、1度ネガテイブ思考になってしまうと、その後の人生も暗くしてしまいます。

 

今回は、そんな”ネガティヴ思考を抜け出すための方法”を、お伝えしていきます。

生まれた頃はみんな幸せ

 

人はだれでも、生まれてきた赤ちゃんの頃は、幸せな気持ちでいっぱいです。

 

それが、だんだん大きくなるにつれて、いろんなことを見たり、体験したりして、幸せいっぱいな気持ちから遠のいていってしまいます。もちろん、みんながみんな、そういうわけではありません。

 

けれど、人によっては、幸せを感じられなくなってしまうということもあります。

 

そこで、ネガティブ思考になる原因を考えてみました。

ネガティヴ思考になる原因

 


• ネガティブになる環境に身を置いている
• ネガティブ思考の人が周りに多い
• ネガティブになる情報を見たり、聞いたりしている
• あまり活動するのを避けている
• 自分のことが好きではない 

 

ネガティブになる原因には、環境や、自分の行動や、自分自身への見方などが、関係していると思われます。

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

1. ネガティブになる環境に身を置いている

 

人は、生まれ育つ環境は選べないので、ある意味、子供時代に思考の傾向性が決まってしまいます。そして、そのまま大人へと成長し、思考の傾向性はそのまま引きずっていってしまいます。

 

けれど、出会う人によって、その思考の傾向性も変わっていきます。

 

なので、自分にとってポジティブな人がいる環境に身を置いていれば、ネガティブ思考から抜け出せていくことだって可能になります。

 

子供時代でも、家庭に関しては変えられませんが、自分を囲む友人の環境は変えることができます。

 

できるだけ自分がポジティブになれる環境の中に入っていくことが大切ですね。

2. ネガティブ思考の人が周りに多い

 

これは、環境とも重複しますが、自分の周りの人がネガティブ思考だと、つい自分も同じネガティブ思考に陥ってしまいます。

 

話すことも、表情も、行動自体もすべてネガティブの人が周りにいたら、誰だって暗い気持ちになってしまいます。

 

それが、例え自分にとって大切な人であったとしても、そういう人といることによって自分自身が苦しんだりするわけですから、ネガティブな人とは距離をおくべきです。

 

それは、自分を守ることでもあります。心が優しい人にかぎって、どんなに相手がネガティブだろうと、側にいようとしてあげます。けれど、それによって自分がつらくなるのなら、自分を優先すべきです。

 

まず、自分自身をポジティブに変えるために、付き合う人を変えてみましょう。

3. ネガティブになる情報を見たり、聞いたりしている

 

ネガティブな人に限って、ネガティブな映像を見たり、読んだりしています。思考は恐ろしいもので、負は負を引き寄せてしまいます。

 

ポジティブになるためにも、ネガティブな情報は遮断しましょう。

 

代わりに、ポジティブな情報を自分の中に取り入れていけば、心の中の環境がポジティブに変わっていきます。

 

自分がなんとなく見たり聞いたり読んだりするものを、意識していくことが大切ですね。

4. あまり活動するのを避けている

 

ポジティブな人は、エネルギーがたくさんでるので、活動も活発になります。また、活動することで、余計に心が元気になっていきます。

 

まさに、相乗効果ですね。

 

逆にネガティブな人は、外へのエネルギーが湧いてこないので、できるだけ動かないようにしてしまいます。けれど、動かないと、心が元気になるホルモンもでてきません。

 

散歩などでいうと、歩き始めてから時間ごとに、元気になるホルモンが出てきます。

 


• 15分後⇒β-エンドルフィン・・・痛みやストレスを麻痺させ、脳内に快感をもたらす
• 25分後⇒ドーパミン・・・ワクワク感、高揚感、達成感などの快感をもたらす
• 40分後⇒セロトニン・・・充足感、幸せ感をもたらす

 

なので、ネガティブ思考をなくすには、散歩をしたり、外に出て活動することをおすすめします。

5. 自分のことが好きではない

 

ネガティブ思考の人は、たいてい自分のことが好きではありません。

 

ネガティブだから好きではないのか、最初から好きではないのかはわかりませんが、とにかく自分のことをよく思えていない傾向にあります。

 

人にはいい時だって悪い時だって必ずあります。なので、悪い時の自分ばかりを思わないで、必ずいい時がくることを信じて欲しいなと思います。

 

また、そんないい時の自分を想像して、好きになってみてあげてほしいです。きっと今の自分を好きになろうと思っても、ネガティブ思考が邪魔をして、好きになれないでしょうから。

まとめ

 

ということで、ネガティブ思考になる原因を考えると、そこから抜け出す方法が見えてきます。自分にできることからでいいと思いますので、少し行動を起こしてみるといいですね。

 

もともとの幸せな気持ちに、戻していくだけのことです。本来の自分に戻っていくことなのですから、必ずできると思います。