今年も残りわずかとなってきました。なので、年末最後のこの数日で、新年を気持ちよく迎えるための、キッチンの総断捨離をしたいものです。

 

キッチンは1番よく使うところなので、ここをきれいにしておくことがポイントなのです。今回は、その前編の3つです。

1.シンク周り

 

シンクはキッチンで1番よく使うところです。なので、シンク周りをきれいにしておくと、気持ちがすっきりして、モチベーションも上がります。

 

また、シンク掃除をするのにもやりやすくなります。

 

シンク周りで今年使わなかったものがあったら、小さなものでもなくしてみると違います。

 

うちの場合では、シンク前の窓辺にフライパン返しなどを入れた箸立てがあるのですが、その中から、2本あるものは1本ずつに減らしました。(計量スプーン大を捨てました。)

 

また、ガラスの瓶の方からは、割り箸を捨てました。いつの間にか入ってることがあるので定期的に捨てるようにしています。

 

 

2.IH(ガス台)周り

 

IH周りは、油はねしたりして汚くなるので、なるべくものは置かない方がいいですね。置いている調味料がべたつきますので。

 

また、汚れたらさっと全体を拭けれるように、ものを少なくしておきましょう。

 

うちの場合は、IHの左側に大小のふたを、正面右には最小限の調味料を置いているだけです。

 

 

これくらいのものだと、すぐにどかして掃除ができます。

 

調味料はどんどん増えがちなので、使うものを絞ることも考えた方がいいです。

 

うちでは、IH周りに置いている調味料は、塩、こしょう、ガーリックパウダー、無添加だし、醤油だけです。

 

IH周りは熱も発生するので、ものを置きにくい場所ではありますが、手に取りやすい場所なので、油断すると調味料が増えてしまいます。なので、この今の時期に最小限にしておきましょう。

3.冷蔵庫の中

 

ここが1番増えるのではないでしょうか?

 

お惣菜についてる醤油やソース、残り少なくなって出切らないマヨネーズなどは、冷蔵庫の扉収納にたまりがちです。

 

また、いつ使ったかわからないような製菓用のエッセンスや、もち米・玄米など、長く冷蔵庫に置き去りにしていたものなどもそうです。

 

こうしたものを、いつか使うからといって取って置いても、結局は使わないので、1度ここ数ヶ月で使わなかったものは、断捨離してしまいましょう。

 

ちなみに、残り少なくなって出切らないマヨネーズなどはこうしています。

 

 

こんな感じで、先の部分を切って深めの容器に入れて、これを使い切ったら新しいのを出します。(スプーンですくって使います。)

 

さっさと捨てた方がいいかもしれませんが、最近ひらめいたことなので、この方法をちょっと試してみようかと思っています。

 

あと冷凍庫は、とりあえず冷凍しておこう、と入れてしまったりするので、使うかわからない食品がたまります。

 

うちの冷凍庫にも、熟したバナナが7本くらいと、ご飯、もやしなどが入っています。

 

これらは、「もうこれ以上おいておくと悪くなるかもしれない」と判断して、とりあえず冷凍庫に入れたものばかりです。けれど、実際には全然使っていません。

 

今晩の夕食に使えるものは利用して、そうでないものは、1度リセットしましょう。

まとめ

 

今回は、“年末最後にするキッチン周りの総断捨離、6つのエリア” の前編から、3つを紹介しました。

 

少しでもこの年内に断捨離して、すっきりしたキッチンで新年を迎えたいと思っています。

 

後編も楽しみにしていてくださいね。