色は、家の中の雰囲気を変えます。また、心に与える影響も違ってきます。

 

うちの家の中は壁が白なので、少しでも圧迫感のないようなもの選びをするように、注意しています。

 

今回は、家にあふれている色の断捨離のメリットとその方法を、お伝えしていきます。

うちの家の中で使っている色

 

私の家の場合は、家が小さいこともあり、空間を少しでも広く感じられるように工夫しています。

 

壁の白を基調にし、キッチンは落ち着いたシルバーやオフホワイトを、床とダイニングのテーブルはナチュラルな肌色にというふうに、色を配置しています。

 

また、フェイスタオルはオフホワイト、バスタオルは薄めのグリーンにして、統一感を出すようにしています。

 

自分のものに関しては、バックは黒と紺、手帳は黒、i-Padとi-fonカバーは紺というように、落ち着いたシンプルな色にしています。

 

こうした、目立たないシンプルな色にすることで、部屋の広さがより感じられたり、落ち着いた気持ちでいられるようになります。

色の断捨離メリット

 

色を断捨離することによるメリットは、いろいろあります。

 


• 部屋の雰囲気が統一される
• 見た目が楽になる
• 家にいて集中できる
• 心を落ちつけられる

 

その人の個性が出るのが家の中だと思いますが、あまりにもいろんな色を使いすぎてしまうと、いくらものが少なかったとしても、多くのものがあるように感じてしまいます。

 

それがまた、ものが多い状態であると、ますますごちゃごちゃした感じになってしまいます。

 

なので、色の数をしぼって統一感を持たせることが、住みやすい家につながっていきます。

 

住みやすい家とは、ものが少なくてシンプルだけとはいえません。色もその人のコンセプトにあうもので、しぼっていく必要があるのです。

色の断捨離方法

 

では、色の断捨離をしていきましょう。

 

といっても、部屋の壁や床の色は、引越ししたりリフォームしない限り変えられないので、それ以外の持っているもので色を断捨離していきます。

 

主なエリアはこうです。

 


• キッチンとダイニング(リビング)
• バスルーム
• 自分の部屋
• 玄関

 

各エリアごとに、見ていきましょう。

1.キッチンとダイニング(リビング)

 

うちの場合は、家が小さいので、ダイニングがリビングを兼ねた状態です。

 

キッチンは、ダイニングテーブルからすぐ見えるところにあるので、キッチンのところの雰囲気がごちゃごちゃしていると、ダイニングが落ち着ける場所になりません。

 

なので、キッチンは、シンプルな色にまとめるようにしています。

 


• 炊飯器、蒸留水器・・・シルバー
• ジューサー、バイタミックス・・・白
• 冷蔵庫・・・シルバーグレー
• 食器・・・白

 

こんな感じで、家電はシルバー系か白にして、キッチン全体に馴染む色にしています。また、食器は、料理の色を邪魔しない白を使っています。

 

以上がうちのキッチンの様子ですが、このように色はベースになるものを決めて、それを邪魔しない程度で色を選んでいきます。

 

けれど、キッチン雑貨でも、ビビッドな色を入れてしまうと、それだけでも雰囲気が変わってしまいます。

 

なので、キッチン雑貨を新しく買うときには、あまり主張しない色を選んだ方がぶなんです。

2.バスルーム

 

1番目につくのは、バスタオルだと思います。大きいものなので、その色でバスルームの空間の雰囲気が変わります。

 

うちでは、癒し系がいいと思い、うすいグリーンにしています。

 

また、脱衣場においてある洗濯ネットも、白を基調にしたものを選んでいます。

 

シャンプーなどは、使うものによってボトルの色も違ってきますが、今の所、選んだものは落ち着いた色調のものばかりになっています。

 

バスルームは、1日の疲れをとるための場所でもあるので、癒されるような空間になるような色選びがいいかと思います。

 

そうやって意識して小物を変えていくだけで、雰囲気は劇的に変わっていきます。お風呂に入るのが楽しみな感じになるように、色の断捨離をしていきましょう。

3.自分の部屋

 

自分の部屋は、睡眠をとったり本を読んだりと、家の中でも1番落ち着ける場所です。なので、自分がリラックスしやすい雰囲気に、色を使うことが大切です。

 

ちなみに私の部屋は、今は下の娘と共用になっています。

 

訳あって、夫とチェンジしたのです。(隣の姉の部屋がうるさくて、眠れないことからです。)

 

ベットが2つあり、その間に壁付けの小さなサイドテールがあります。また、部屋には、ナチュラルな肌色のテーブルと椅子を置いています。

 

全体的に白とナチュラルな肌色の色調になっているので、寝具は水色や、ベージュにし、足元に敷くマットは淡いグレーにしています。

 

壁には、グリーンの葉っぱのつらなっているのを買ってきて、ぶら下げたり、フックにかけています。

 

こうしておくと、グリーンの効果で気持ちが安らぐので、寝室にはとても合っていると思っています。

 

こうした、癒しの色をポイントで入れることも、部屋の雰囲気をぐっと良くしてくれるのでおすすめです。

 

このように、自分の部屋は基本シンプルな色で統一した方が、過ごしやすくなっていいですね。

4.玄関

 

玄関は家族が出入りする場であり、訪問した人も目にする場所なので、スッキリした印象にすることが大切です。

 

なので、色は少なくしぼった方がいいです。

 

玄関には、作り付けの靴箱に靴が入りきらない場合、オープンタイプのシューズラックを使うことがあると思います。

 

うちでも使っていますが、靴の場合は個人個人の趣味なので、色がどうしても多くなってしまいます。

 

なので、それ以外の部分の色をしぼるようにしています。

 

あと、できるだけ収納棚に入るものは収納してしまい、色がごちゃつくのを防ぎます。

 

また、ものが多いと色の種類が多くなる原因にもなるので、使っていないものは断捨離してしまいましょう。

まとめ

 

ということで、色の断捨離をしていくと、家の中がスッキリしてきます。また、気持ちよく生活ができるようになり、幸せな人生へとつながっていきます。

 

ぜひ、色の断捨離をやってみてください。