片付けができない人は、ものを片付けるために、収納スペースを作ろうとしがちです。

 

けれど、収納スペースが増えたとしても、一時的にはものは収納できますが、ものはどんどん増え続けていくことになってしまいます。

 

なので、ものを片付けるには、収納スペースを増やしてはいけないのです。

 

今回は、そんな収納スペースのわなについて、お伝えしていきます。

収納スペースを増やしても片付かない理由

 

収納スペースは作ろう思えば、いくらでも作れます。カラーボックスや壁収納グッズなどです。

 

お店では、競うように収納グッズが売られています。

 

けれど、そんな収納グッズを買い続けていたら、いつか部屋はものに支配されたかのようになってしまいます。

 

部屋に住むのは人です。ものの置き場所ではありません。なので、持っているものの多さを、コントロールしなければいけないのです。

 

また、収納スペースを増やすことは、そのもののコントロールを余計に狂わせてしまいます。

 

片付けられない人は、収納スペースにはワナがあることを、ぜひ知っておいてほしいと思います。

片付けはものを減らすこと

 

片付けるには、単純に多くなったものを減らすだけです。

 

でも、これができないからものが増えてしまい、片付けられなくなるのです。

 

ものを減らせないというのには、心理的なものが強いと思います。その典型的なものが、もったいない思考です。

 

ものがない時代に生まれ育った人にとっては、ものを捨てるなんてバチが当たる、という捉え方なんだと思います。

 

けれど、ものがあふれた現代では、そんなことを言っていたら、ものが増えるばかりです。

 

なので、時代にあった考え方をしていく必要があります。

 

まあ、ものを使い切るまで買わないで、大切に使うというのであれば、問題はありませんが。

 

このように、ものに対する思考に邪魔されて、なかなか片付かないという人が多いのです。

ものを減らす4つのコツ

 

では、ものを減らすためのコツを4つ紹介しますね。

1. 使っているもの以外は捨てる

 

基本、使っているもの以外のものは、出番がありません。なので、数ヶ月間使っていないものは、捨てましょう。

 

おそらく、これ以上持っていても使う可能性はありません。

2. コレクションはやめる

 

一時期は熱心に集めたものでも、熱が冷めるとガラクタ同然になってしまいます。ものの価値は、それを所有する人の価値観によるからです。

 

なので、その人がものに価値を感じなくなった時点で、ものの価値もなくなるので、その時点で断捨離すべきです。

 

もしくは、コレクション熱を最初から持たない方が賢明かもしれません。

3. 人にあげようと思うのをやめる

 

なにか景品でもらったりした時に、自分は使わないけど、誰か来た時にでもあげればいいや、なんて気持ちは、持たないようにしましょう。

 

人にあげるためのもののスペースまで、作ることになってしまいます。

 

また、そんなに他の人も、ものが欲しいわけではありません。

 

それを理解すれば、人にあげようと思うのをやめれるはずです。

4.もったいない思考を断捨離する

 

先ほども、もったいない思考には触れましたが、もったいないと思っていると、いつまでもものが減らせません。

 

使わないものを持っていることで、住む場所が狭くなったり、気分もスッキリさせることができなくなります。

 

それこそ、もったいないことです。

 

このように、もったいない思考はものにだけフォーカしてしまうので、他の大切なものを失うことになってしまうのです。

 

片付けるためにも、もったいない思考を、断捨離してしまいましょう。

まとめ

 

ということで、片付けるために収納スペースをつくることは、意味がないばかりでなく、逆効果だということが、分かっていただけたかと思います。

 

今の新築の家は、やたらと収納スペースの多さにこだわっています。

 

けれど、必要以上の収納スペースは、ただ、生活空間を狭くするだけです。

 

家の大きさは限られているので、持つものはできるだけ最小限にして、生活スペースを広くとっていきたいものですね。