昨年の4月に、今までうちにあったパソコンを断捨離し、しばらくはパソコンがない状態でしたが、その後しばらく経って、新しく買うことにしました。

 

理由は、ブログを始めたからです。

 

そこで、いろんなパソコンを探したのですが、最終的に決めたのは、MacBook Proでした。

 

今回は、そんな MacBook Proを買ってみての感想を、お伝えします。

パソコンの起動時間にイライラ

 

昨年に捨てたパソコンは、NECのLAVIEシリーズで、5年ほどうちにありました。Wndowsは、電源を入れてから立ち上がるまでに、時間がかかります。

 

LAVIEのパソコンは家族共用で使っていたため、音楽や写真などの保存が非常に多く、立ち上がりに20分以上もかかるようになっていました。

 

また、どうにかスムーズに動かないかと、調べたり操作してみましたが、一向によくならず、使いづらいままでした。

 

なので、パソコンを使おうという気になれず、そのうちに放置状態となり、やがて、誰も使わなくなってしまいました。

 

という感じでしたので、ミニマリストになった私は、思い切ってパソコンを断捨離してしまったというわけです。

MacBookp Proを買ってみて

 

私は、ifonとipadというように、アップル製品を買って使っています。なので、写真やメール、連絡先などをそれぞれの端末で共有したいと思い、MacBook Proを買うことにしたのでした。

 

また、立ち上がりもWindowsよりも全然はやいというのも、時間短縮をしたい私にとっては、魅力となりました。

 

実際に、ものの1分もあれば、立ち上がってしまいます。

 

仕事ではWindowsを使っているのですが、やはり起動時間が長くかかり待たされるので、効率が悪いなぁといつも思っています。

 

その点、MacBook Proはスピーディーで、快適です。

 

けれど、1つ気になった点は、キーボードが外国仕様だということでした。そのため、最初は全く分からず、Windowsにしておけばよかった、と正直思いました。

 

でも仕方がないので、一つずつ検索したり、アップルサポートで教えてもらったりして、なんとか使えるようになっていきました。

 

そこさえなければ良かったのですが、これも外国製のものなので、仕方のないことかもしれません。

 

ともかく、MacBook Proを無事に使いこなせるようになったので、良かったと思っています。

 

それに思った通り、写真やメール、連絡先などを自分の ifon、ipadと共有できるので、大変便利に使えます。

 

また、ホーム画面や、ドックという画面下部のアイコンが並ぶ部分も、Windowsに比べておしゃれですし、分かりやすいので、MacBook Proにして結果的にはとても良かったです。

 

☆下の写真をクリックすると楽天にとびます。

 

無線マウスの使い心地

 

最初、MacBook Proにはマウスがついていると店員さんに言われたのですが、実際にはついておらず、もう一度マウスを買いに行くことになりました。

 

そこで最初に買ったのは、ブルートゥース機能のマウスでしたが、時々ブルートゥースが切れてしまい、しばらく何をやっても繋がらない、ということが続きました。

 

なので、その度に仕事が中断されてしまうので、仕方なく、中断した時用のサブのマウスを買うことにしたのでした。

 


ワイヤレスBlueLEDマウス

 

このマウスは、レシーバーユニットという小さなものを、パソコンのUSBポートに差し込んで使うという、無線のマウスです。

 

けれど、普通のパソコンにはUSBポートが側面にあるのですが、MacBook ProにはUSB-Cポートというものしかないので、その変換器(USBアダプタ)が必要になります。


USBアダプタ

 

以下の写真は、USBアダプタをMacBook Proの側面(USB-Cポート)につなげたところです。

 

 

ちょっと見た目がスマートではありませんが、ブルートゥース機能のように途中で接続が切れることがないので、安心して使えます。

 

また、このマウスは静音タイプなので、音も静かで気になりません。

まとめ

 

MacBookProは、キーボード操作さえ慣れてしまえば、時間短縮できるとても便利なパソコンです。

 

うちでは、これが3台目のパソコンになりますが、このMacBookProに変えて大変満足しています。

 

Windowsの機能を使わなければいけない人は別ですが、そうでなければ、MacBookProはおすすめです。