冬の寒い時期は、外へ出るのもおっくうになり、活動量も減ってしまいます。そんな環境でいつも通りに食べていたら、太らないわけがありません。

 

けれど、食べる物を少し変えることで、冬太りも防ぐことができます。

 

今回は、そんな冬太りに効果を発揮する柑橘系フルーツについて、お伝えしていきます。

冬の体は太りやすい

 

まずは、冬の太りすい要因を3つ見てみましょう。

1. 暴飲暴食の機会が多い

 

年末年始などは、忘年会や新年会などのイベントがいろいろあります。それも、仕事関係や仲間内などと、回数も多くなりがちです。

 

そんな時には、いつもより飲んだり食べたりする量が多くなってしまい、結果的に体重が増加してしまいます。

 

また、量を多く食べることで、普段食べる量も増えていったりします。

 

そんなことを繰り返す冬場は、まさに太りの季節と言えます。

2. 寒さで 体が冷える

 

寒い時期には、体温維持にカロリーを消費するため、暑い時より多くのエネルギーが必要となります。

 

そのため、冬場は味付けの濃いものや、脂質、糖質の多いものを食べたくなるのです。その結果、高カロリーの食べ物が多くなってしまいます。

 

寒いと太りやすいわけが、ここにもあるのです。

3. 運動不足になる

 

寒いと外に出るのも考えてしまいます。ましてや、運動など、したくなくなるのは当然です。

 

なので、冬場はどうしても、太りやすくなるのです。

柑橘系フルーツのダイエット効果

 

ここからは、柑橘系フルーツの4つのダイエット効果について、説明していきます。

1. 脂肪を分解しやすくしてくれる

 

柑橘類に含まれる”シトロン、リモネン” という成分は、体内に溜まった脂肪を燃えやすい脂肪酸に変えてくれます。

 

そのため、柑橘類のフルーツを食べるだけで、痩せやすくなるのです。

 

まさに、脂肪を溜め込みやすい冬の季節にあう食べ物と言えます。

2. 消化機能をアップさせる

 

柑橘類には、”シトラス酸”という、消化機能をアップさせる成分が、たくさん含まれています。

 

冬に食べたくなる物には、高カロリーのものが多いので、柑橘類を食べることで消化の助けになります。

 

本当に季節の食べ物というのは、理にかなっていると思いませんか?

3. 食欲の抑制効果、空腹感を満たす効果

 

柑橘類の爽やかな香りは、食欲を抑制して、空腹感を満たしてくれるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

ダイエット効果を、十分果たしてくれるというわけです。

4. ストレス解消効果

 

柑橘類の香りは、その他にも、ストレスの解消や気分転換にも効果があり、ダイエットの頼もしい味方となってくれます。

 

以下は、柑橘系フルーツを使ったアロマオイルの種類です。

 

• ベルガモット
• ライム
• レモン
• グレープフルーツ
• マンダリン
• オレンジ・スイート
• ゆず

まとめ

 

寒い冬の季節を、軽やかな体型で過ごすためにも、柑橘類を食べてみるのはいかがでしょうか?

 

私は、毎日のように、ポンカン、いよかん、はっさくなどを食べています。(ちょっと前までは、スウィッティーにはまっていました。)

 

また、カロリーも低いので、ダイエットにはうってつけの食べ物です。