パソコンを買う時に悩むのが、WindowsかMacかというところです。

 

私は現在、Macを使っているのですが、大学生と中学生の娘もパソコンが必要になり、2台買うことになりました。

 

そこで、いろいろ調べたり、お店の人に聞いたりした結果、決めたのがMacでした。

 

買ったのは、MacBook Proのタッチバーがないものです。タッチバーがあると5万円くらい高くなるので、ない方を選びました。(別になくても困らないので。)

Macにした理由

 

Macにした理由は6つあります。

1.  パソコンの設定が自分で簡単にできる

 

Macの設定は、Ifonのように誘導してくれるので、簡単にすることができます。

 

一方、Windowsの方は、設定する項目が非常に多く、また、とても難しいようです。

 

6年前に買ったWindowsのパソコンの時は、NECの”とことんサポート”というのが付いていたので、サポートの人が来てくれ設定をしてくれました。

 

けれど、今のWindowsでは、そういったサポートはないようで、お店で設定を頼むしかないようでした。

 

その額が、驚くほど高くてびっくりしました。(コースにより違うのですが、1番安いのでも4万円くらいします。)

 

お店で頼むと、その設定にお店側で5〜6時間かかり、その後予約した日に自宅まで来てくれ、さらに設定が数時間かかるようです。

 

はっきり言って、そんなにお金や時間をかけてまで、Windowsにしたいなんて思いません。やっぱりMacは設定が簡単でいいです。

2. アップデートがWindowsに比べて少ない

 

パソコンでは、アップデートがよくあります。

 

その回数というのが、Macに比べWindowsでは、大変多いみたいなのです。

 

また、そのアップデートも突然始まってしまうため、何か作業をしようとしても、できなくなってしまうようです。

 

Macでは、ちゃんと毎回、アップデートしますか?という表示がでるので、やるかどうかをこちらで選択することができます。

 

そういった面でも、Macは優れていると言えます。

3. IfonやIpadと連動できる

 

アップルユーザーにとって、持っているすべてのデパイスが連動できるのは、とても便利で魅力的なことです。

 

この点だけでも、Macを選びたいと思ってしまいます。

4. office 365はMacでも使える

 

うちの大学生の娘が、学校で office 365を使っているというので、Macも対応しているのかお店の人に聞いたところ、大丈夫とのでした。

 

ExcelやWordもMacで使えるので、 Macでもなんら問題がないことが分かりました。

5. Parallels DesktopなどのソフトでWindowsの環境を作れる

 

Macでも専用のソフトを使えば、Windowsの環境を作ることができます。

 

無料と有料のソフトがいろいろあるようですが、Parallels Desktopという有料ソフトが、1番使い勝手がいいようです。(値段は楽天で7,460円のようです。)

 

Macでも、Windowsが必要な時にはこのソフトを使えばいいので、Windowsを買う必要はないと思いました。

6. 液晶タブレットが使える

 

中学生の娘は、学習以外にも、いずれ液晶タブ(絵を描くための専門的なものです。)を使って絵を描くつもりなので、液晶タブがMacにも対応しているかどうかが心配でしたが、全然大丈夫なようでした。

 

それどころか、Macの方が液晶画面がきれいなので、適しているようです。

 

娘はお小遣いを貯めて、いつか液晶タブを買う予定にしています。

Macにしてみてよかったこと

 

お店には1台しか在庫がなかったので、もう1台は注文しているのですが、下の娘のMacは昨日のうちに設定を終えたので、今日から娘が使っています。

 

娘は時々、私のMacを使っていたので、操作に困ることもないようです。

 

Macは設定が簡単なので、本当にMacにしてよかったと思っています。

まとめ

 

ということで、手間や時間を省きたい私にとっては、Macはお気に入りのパソコンです。

 

WindwsとMacとで迷ったら、私は迷わず Macを推したいと思います。