最近では、歯の矯正をする人を多く見かけます。

 

確かに歯列矯正で歯並びがきれいになるかもしれませんが、それまでには4年ほどの時間がかかります。

 

それに、うまくいかないことだってあるのです。

最近始めた娘の歯列矯正のよくない状況

 

うちの娘も歯並びに悩んでいて、昨年の10月中旬から歯列矯正の治療に入りましたが、今は高校1年ということで、治療が終わるのに4年くらいかかるようです。

 

最初に、レントゲンや歯の型をとったりして、現在は歯に装具をつけています。

 

けれど、装具をつけ始めた頃は、口内炎が口の中じゅうにできてしまい、痛くて食べるのもままなりませんでした。

 

やがて、それもだんだんよくなったみたいですが、装具に食べ物が挟まることが頻繁にあり、それがとても痛いそうなんです。

 

また、装具がよく外れるので、何度も歯医者に行って付け直すということをやっています。

 

しかも、装具をつける時というのは、非常に痛みがあるようで、その痛みも数日間続くようです。

 

矯正の方は、少しずつできているそうで、歯並びがきれいになりつつあるようですが、それと並行して出っ歯になってきています。

 

歯科医によると、矯正で歯並びが整うと出っ歯になるので、下の歯を2本抜かなければならないようなのです。

 

なので、いずれ下の歯の抜歯もするようになります。

 

ですが、今の状況では、物が挟まった痛みだったり、装具をつける痛みだったりで、かなり精神的につらい様子です。

 

また、食べ物を思うように噛んで食べられないので、ストレスもかなりあるように見えます。

 

こんな風に、娘の歯の矯正はうまくいってないようなのです。

歯列矯正にはリスクがある

 

娘が歯列矯正をしたいと言い出してから、半年ほど考えました。

 

費用も50万円以上かかりますし、毎月のメンテナンスの費用も別途かかってきます。歯列矯正には保険が効かないので、高額になってしまうのです。

 

また、装具をつけている期間も最低でも4年間くらいかかります。それに、その間の装具のケアなどに、毎月2回は通う必要が出てきます。

 

そういった、高額の費用と長い治療期間の部分でも、歯列矯正を決断するまでに時間がかかります。

 

また、歯列矯正自体にもリスクがあります。

 

それは、歯の矯正がうまくいかず、歯並びがきれいにならないかもしれないということです。

 

インターネットで検索してみると 、実際に矯正が失敗するケースも多くあるようなのです。そうなった場合には、矯正にかかった費用と期間が無駄になってしまいます。

 

歯列矯正というのは、本当に決断するのには難しい分野だと思います。

今後どうするか

 

娘は装具をつけ始めて2ヶ月半がたちます。歯の位置が少しずつ動いているのは確かなようです。

 

けれど、今後も続けていきたいかどうかというと、娘としては痛みによるストレスが強いので、やめたいと考えているようです。

 

けれど、歯科の受付の方に電話で聞いたところでは、装具をつけていた頃よりも歯並びがおかしくなってしまうというのです。

 

つまり、もとの状態には戻らないということです。

 

でも、このまま4年間弱、痛みを我慢し続けるというのも、とうてい無理な話です。なので、早急に娘とともに歯科医に会って、話をしようと思っています。

 

なんとか、元の歯の状態に戻ってくれればいいのですが。

まとめ

 

本当に、歯列矯正というのは、そうそう簡単に出来るものではないと思いました。

 

いろんな情報がある中で判断するのは難しいかもしれませんが、今回の歯列矯正のことで、もっとデメリットを娘に伝えるべきだったと思っています。(後から知ったデメリットもありますが。)

 

けれど、娘も歯並びを直したい一心で、やりたいと言い張ったわけです。

 

私は、そんな娘の気持ちを、尊重したいという気持ちも強くありました。

 

いずれにせよ、歯列矯正はリスクが大きすぎます。よくよく考えても失敗することがあるので、やらないに越したことはありません。