私は以前、トレーニング用品を多く持っていて、部屋の隅にまとめて置いていました。けれど、物によっては、とても置き場所に困るものもあります。

 

そんな困るものの代表が、バランスボールでした。

 

そこで思い切って、使うものを厳選することにしたのでした。

トレーニング用品を多く持つようになったわけ

 

私がトレーニング用品を多く持つようになったのは、持病の腰痛が悪化したからです。

 

いろんな整体やカイロなどに通いましたが、結局は、自分で体をケアしなければいけないと思うようになり、様々な本を見てトレーニングをするようになりました。

 

けれど、トレーニング用品は値段もけっこう高いので、買うのにもお金をたくさん使うことになりました。

 

そして、毎日時間をかけてトレーニングをしていたのです。

 

でもそのうちに、やるトレーニングも、だんだんと決まってきてしまいました。

 

そうこうしているうちに、ミニマリストになった私は、たくさんのトレーニング用品を持ちすぎていることに気づき、よく使うものだけ残すように決断したのでした。

 

断捨離した主なものは、以下で説明していきます。

バランスボール


バランスボール

 

バランスボールは、体幹を鍛えたり、バランス力をつけるために買いました。

 

バランスボールの上に座るのは、とても不安定なので、座ってバランスを取るだけでも、体幹を鍛えるのにはいいトレーニングになります。

 

また、パーソナルトレーニングに通っていた時に教えてもらったトレーニングも、こまめにやっていました。

 

けれど、バランスボールは、置いておくにはかなり場所をとります。

 

それに、子供が面白がっていつも遊ぶので、広いスペースならばともかく、狭い我が家では、落ち着かなくなってしまいました。

 

それで、一時期はバランスボールの空気を抜いて、収納してしまいました。

 

でも、時々使いたくなったりするので、そんな時にはまた、空気を入れて使い始めるのですが、やはりバランスボールが邪魔になってしまうのでした。

 

そこで、止むを得ず1番先に手放したのでした。

ピラティスボール

 


ピラティスボール

 

ピラティスボールも、トレーニングのために買ったのですが、使うのはほんの時々で、ほとんど部屋の隅に置きっぱなしでした。

 

小さなものなので、そんなにスペースは取りませんが、それでも使わないものを持っていてもしょうがないので、捨てることにしました。

ボルスター

 

(画像はYoga Laboより)

 

ボルスターは、グラヴィティヨガというものに使うものです。独特の形をしたボルスターに、体をゆだねてリラックスし、筋肉を伸ばしていくのです。

 

このボルスターは、本当は取っておきたかったのですが、場所がなかったためにやむおえず捨てることにしました。

 

それに、ゆっくりする時間もなくなってきたので、ボルスターでストレッチをすることもなくなっていました。

 

けれど、結果的には捨ててよかったと思っています。

まとめ

 

ということで、トレーニング用品を少なくすることで、家の中がスッキリしました。また、いつかやらなければ、という気持ちからも解放され、気が楽になりました。

 

トレーニング用品を思い切って少なくして、本当によかったと思っています。