お風呂は、一定のお湯をためて、家族全員が順番に入浴できるので、お湯の節約ができ、一見いいように思えます。

 

けれど、実際には、節約できてない事実があります。(うちの場合です。)

 

というのは、家族全員が、キレイにお風呂を使ってくれるとは、限らないからです。

 

浴槽のお湯が汚れてしまえば、その後の人は入れず、シャワーを使うことになります。それでは、お風呂の節約効果は、なくなってしまいます。

うちのお風呂の悩み

 

うちのお風呂の悩みは、夫がお風呂に入ると、浴槽内のお湯を汚してしまうことです。なので、夫の後には、誰もその浴槽に入る気がしないのです。

 

というのは、夫はお風呂場に行くと、すぐに浴槽の中に、そのまま入ってしまうからなのです。

 

後の家族が、お風呂に入れなくなるので、外で体を流してから入って欲しい、と今までも、何度も頼んでいますが、全くやっている感じはありません。

 

何より、その浴槽の中の様子が物語っています。

 

そんなわけなので、夫が入る前に、お風呂に入るしかありません。

 

けれど、娘たちも、何かいろいろやっていて、夫より後にしか入れないこともあります。また、上の娘は、大学やバイトで忙しいので、帰りが夫より遅くなることもあります。

 

結局、夫の後に入る家族は、寒い季節でも、シャワーを浴びるしかなくなってしまうのです。

 

こんな感じの我が家なので、お風呂にして節約しよう、なんてことは、ありえないのです。

いろんな工夫をしても節約効果なし

 

けれど、夫も、自分が最後に入るようにしようと、思ってくれた時期がありました。

 

けれど、娘たちにも都合があるので、そんなに早い時間帯には、お風呂に入れません。

 

また、上の娘はお風呂の時間が、1時間以上と非常に長いのです。その下の娘も、最近では同様に、1時間以上かかります。(浴槽に浸かりながら、Ifonを見ているようです。これも他の家族には、迷惑な行為です。)

 

なので、夫の前に、家族全員が入浴を終わらせるには、相当の時間がかかってしまうのです。

 

ちなみに、夫は、休みの日には、夜10時くらいには寝るので、9時半くらいにまでは、家族全員が、お風呂に入り終わらなければなりません。

 

けれど、実際には、なかなかそれまでに、終わりきらない状態です。

 

そんな感じなので、夫も待ちくたびれて寝てしまったり、強硬手段で、おかまいなく、早い時間に入ってしまうようになりました。

 

そして、そのうちには、夜はお風呂に入らず、朝にお風呂を沸かして、入るようになってしまいました。

 

という感じで、結局は、1日に2回お風呂を沸かすか、シャワーを併用するか、という状態になっています。

 

なので、うちでは、お風呂を使うにしても、水や電気の節約効果が全くないのです。

いっそお風呂を禁止しようかと思ったことも

 

こんな状況の我が家なので、いっそのこと、お風呂は禁止にしようかと、本気で考えました。

 

お風呂の栓がなくなったとか、お湯がはれず故障したとか、何か使えない理由をつけて、シャワーのみの生活にしたいと思いました。

 

けれど、寒い今の季節なんかでは、浴室暖房をつけたところで、シャワーでは体が温まりません。

 

また、冷えた体のまま眠るのは、想像しただけでも嫌です。(実際に、シャワーですませたことが何度もありますが、体が冷えたままで、なかなか眠れませんでした。)

 

もちろん、夏場はシャワーで十分ですが、1年を通じてとなると、やはり、お風呂の存在は抜きにはできません。

 

ということで、はかない思いも、むなしく終わってしまいました。

まとめ

 

家族で生活をするには、自分だけのことではなく、他の人のことも、考えなければなりません。

 

うちの場合は、夫の配慮のなさが、お風呂の節約効果を台無しにしています。

 

夫も、キレイにお風呂のお湯を使ってくれれば、何も、家族が入り終わるのを待つ必要もありません。気兼ねなく、何番目でも入れます。

 

ということで、節約するには、家族全員の協力が必要なのです。そこらへんを、夫にも、意識して欲しいと日々思っています。