日本には、お風呂に入るという習慣がありますが、このお風呂が、睡眠にいい効果をもたらしているのです。

 

なぜなら、お風呂に入ると、リラックスできるからです。そのリラックス効果が、いい眠りを誘うのです。

寒い冬には余計に効果がある

 

日本の冬は、とても寒いものです。なので、寒い冬には、余計にお風呂はかかせません。

 

それは、冷えた体を、暖かいお風呂の中で温めないと、ぐっすりと眠れないからです。

 

いい睡眠をとるには、リラックスしていることが大切です。寒さで体が冷えたままだと、体も心も、ちじこんだままです。

 

なので、お風呂に入って、そのちじこまった体と心を、ほぐしてあげるのです。それによって、リラックスでき、いい睡眠へとつながっていきます。

 

まさに、冬の季節には、お風呂は欠かせないものなのです。

暑い夏でもお風呂は効果を発揮

 

お風呂は、寒い季節だけではなく、暑い季節であっても、効果を発揮します。

 

よく、夏はシャワーですませる人もいるかと思いますが、シャワーとお風呂では、やはり睡眠効果は違ってきます。

 

シャワーは、体の汚れを取ったり、気分をスッキリとさせてくれます。けれど、体を温めるところまでは出来ません。

 

それに比べてお風呂は、体の清潔も保てますし、温熱効果で、体の芯からじっくりと温めることが出来ます。

 

また、シャワーのように、気分がスッキリする、というよりは、あー気持ちよかった、と満足感が味わえます。

 

なので、暑い夏場でも、お風呂の方が、いい睡眠効果を得られるのです。

お風呂のストレス解消効果

 

お風呂は、いい睡眠効果以外にも、ストレスを解消してくれます。

 

何か嫌なことがあっても、お風呂でお湯につかって、ゆっくりとしていると、気持ちがほぐれていきます。本当に不思議ですが、体を温めると、心が解きほぐされるのです。

 

体と心は、常に連動しています。なので、体を温めることで、心も温まるのです。

 

温まった心は、しだいに解きほぐされていき、ストレスでぎゅっと固まった心が、本来の柔軟性のある心へと戻っていくのです。

 

なので、1日が終わって、気持ちがモヤモヤする時には、お風呂に入ってみるといいです。

お風呂に入るいいタイミング

 

そんな、いい効果があるお風呂ですが、入るタイミングが気になるところです。

 

よく言われるのが、寝る1〜2時間くらい前に入ると、お風呂で上がった体温が、ちょうど寝る頃には下がってきて、眠りに入りやすいようです。

 

けれど、家族がいる場合には、ちょうどいい時間を見計らって入るなんて、いつもできるわけではありません。

 

うちなんかは、夜の9時台が、お風呂のラッシュ時間です。

 

夫が帰宅してくるので、夫もお風呂にすぐ入りたがりますし、娘たちもその時間に集中しがちなのです。なので、時間がぶつかってしまい、思うように入れないのです。

 

そんなわけで、私は、いつも8時台に、お風呂に入るようにしています。

 

私の場合は、寝るのが9時から10時の間なので、ちょうど体温が下がってくる、いいタイミングの時間で眠れます。

 

ということで、家族がいる場合には、空いてる時間を見計らって、先に入ってしまう方が、入りそびれることもありません。

 

なので、お風呂の時間は、特に細かく気にしなくてもいいと思います。

 

それよりも、入れる時間に入って、じっくり体を温めた方が、確実にいい睡眠がとれますから。

まとめ

 

お風呂の習慣は、本当にいいものです。それに、いい睡眠は、健康をもたらし、元気に毎日を送っていくことができます。

 

まだまだ、寒い季節が続きますが、毎日のお風呂習慣で、元気に過ごしていきましょう。