眠る時にいつも使う枕ですが、私は、そばがら枕を使っています。そばがら枕は、頭や首に馴染みやすく、程よい硬さと安定感があるので、とても好きです。

 

今回は、そんなそばがら枕と4つのメリットについて、お伝えしていきます。

そばがら枕とは

 

そばがら枕とは、そばの実の殻(から)を入れた枕のことです。また、そばの実を取り除いて乾燥させると、そばがらができます。

 

このそばがらを、枕の中に詰めていきます。量は自分でも調節できるので、自分の好みの高さにすることができます。

 

そんな風にして、そばがら枕は作られます。

そばがら枕のメリット

 

そばがら枕の主なメリットを、1つずつ説明していきます。

1. 硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい弾力性

 

そばがら枕の硬さは、本当にちょうどいい硬さです。

 

私は以前、自分に合う枕を、あれこれ試していた時期がありましたが、どれも、しっくりとくるものがありませんでした。

 

そんな時に、そばがら枕に出会い、その絶妙な硬さと弾力性に、ほれてしまいました。それくらい、自分には合う枕でした。

2. 頭や首の形にフィットする

 

そばがら枕は、ちょうどいい硬さで、弾力性もあるので、頭や首の形によくフィットします。

 

また、使うほどになじんできて、より自分に合うようになっていきます。

3. 通気性がよく熱がこもらない

 

そばがらは、殻の間の空気が、断熱材の役目を果たすので、熱を伝えにくくします。また、通気性がいいので、体温より温度が上がることがありません。

 

なので、そばがら枕は、頭を適度に冷やす効果があるので、安眠効果が期待できるのです。

4. 価格が安い

 

そばがら枕は、価格が安いので、とても手頃に買えます。

 

私は、ディスカウントショップで買ったのですが、600円弱だったと思います。本当に安く買えるので、古くなってきたら、気兼ねなく買い換えることもできます。

 

ちなみに、うちでは、そばがら枕を使っているのは、私と夫、上の娘の3人です。


そば殻枕 チェック ブルー 

横向きに寝る時だけ枕を使う

 

そんな、使い勝手のいいそばがら枕ですが、私は、基本的に上を向いて寝るので、横向きに寝る時しか使いません。

 

それは、上を向いて寝ないと、寝ている間に、脊椎のメンテナンスが出来ないからです。⇨硬い場所、上むきで眠るメリット。腰痛を治す効果あり。

 

なので、枕を使うのは、時々横向きになる時だけなのです。

 

 

横向きの姿勢では、枕がないと、頭が下がった状態になってよくありません。

 

少し面倒くさいのですが、仕方ないので、そうやって、横向きになる時だけ枕を使うようにしているのです。

 

でも、だんだん慣れてきて、無意識のうちに枕を使ったり、外したりが出来るようになっています。慣れとは、すごいものです。

まとめ

 

枕は、自分にあったものを見つけるのが、なかなか大変です。なので、枕の専門店などがあるのかもしれません。

 

そんな中でも、そばがら枕は、値段が安くて使いやすく、魅力的な枕だと思います。

 

ぜひ機会があったら、試してみてくださいね。