以外と気になる唇のガサガサですが、その状態を放っておくと、思わぬ体調の悪化につながることもあります。

 

というのは、唇は胃腸の健康状態をあらわしているからです。

 

なので、唇がガサガサしている人は、胃腸を休めて、消化に負担のない食生活をすることが必要になってくるのです。

唇と胃腸との関係

 

唇のうちでも、上唇の乾燥は胃が弱った状態、下唇の乾燥は腸が弱った状態とも言われています。

 

どちらにしても、胃腸の調子が悪いことで、唇が乾燥してしまうのです。

 

なので、胃腸の調子がよくなれば、唇の乾燥もなくなるということなのです。

自分の食生活を見直してみる

 

私もそうなのですが、唇が乾燥しているのには、何らかの原因があるはずです。

 

食べ過ぎてはいないかとか、夜寝る前近くに食べていないかなどと、自分の食生活を振り返ってみる必要があります。

 

また、食べている内容もそうです。炭水化物に偏り過ぎとか、やたらと炒め物や揚げ物が多い、などというようにです。

 

そうやって、食生活を振り返ることで、直していく点が見つかってきます。

胃腸の調子をよくするために

 

では、胃腸の調子をよくするためにはどうしたらいいのか、ということになります。そこで、4つの対処法をお伝えします。

1. 胃腸に負担にならない食べ物をとる

 

胃腸に負担のかからない食べ物や調理法を選んで、食事をするようにします。

 

あっさりとしたものは、消化に負担がかかりにくいので、ノンオイルのドレッシングをかけたサラダや、さっと茹でた野菜、またはスチームした野菜はオススメです。

 

また、果物をスムージーやジュースにしたり、そのまま食べるのも、胃腸には優しい食事です。⇨ かんたん便利なクビンスホールジューサー。

 

けれど、あっさりとした食事ばかりでは、満足感も得られにくいものです。なので、少し満足できる食べ物を組み合わせてみると、いいかもしれません。

 

例えば、ナッツなどは少量でもとても満足します。コクがあって、お腹にたまるからです。⇨ナッツ好きの私をうならせたミックスナッツ。ダイエット効果も高い。

 

また、炭水化物や、タンパク質をとると満足しやすいですが、こういったものと食べる時には、グリーンの野菜サラダかグリーンジュースと組み合わせると、消化がスムーズに行われます。⇨ 健やかな体を作る緑葉野菜のグリーンジュース。

 

そんな感じで、食べ物自体や、調理法、食べる組み合わせに気をつけると、胃腸に負担がかからなくなってきます。

2. 腹8分目で食事はやめる

 

胃腸にいくら優しい食べ物でも、食べ過ぎてしまえば、胃腸の負担になってしまうだけです。なので、腹8分目くらいで食事はやめる方がいいのです。

 

胃袋も、100%の満杯状態で消化をするよりも、80%の少し空いた状態で消化をしたほうがスムーズに行えます。

 

さらに、70%、60%というような状態なら、さらに消化がしやすくなります。

 

そのように、1回の食事量を控えめにすることで、胃の負担が減ってくるのです。

 

ミニマルな考えにも似ていると思います。少しの余白(空きの容量)を作ることが、胃腸にとって、気持ちよく過ごせることにつながるのです。

 

または、タスク(胃腸の消化の仕事)を少なくすることで、胃腸に余力が残るようになるのです。

3. 消化が終わるまで待つことと胃腸の休日をもうける

 

胃腸にも、消化をする時間が必要です。なので、消化が終わるまでは、次の食事をしないようにします。

 

また、消化をするのにもエネルギーがいるので、胃腸にも休憩時間が必要になります。人間の労働時間と一緒で、稼働時間が長いと、胃腸もくたびれてしまうのです。

 

毎日、休みなく働いている胃腸にも、休憩時間や、休日を与えてあげると、また元気になって働き出してくれます。

 

胃腸の調子が悪い時には、1日食べないで、水だけで過ごすといいかもしれません。

4. 睡眠をしっかりとる

 

睡眠中には、腸での消化吸収作業が行われます。

 

睡眠をしっかりとれないと、腸での仕事が十分に行えないので、腸内に消化吸収しきれないものがたまってしまいます。

 

それが、腸内のゴミになってしまい、腐敗の原因にもなります。

 

そうなると、腸内では、腐敗したものが多くなってくるので、悪玉菌が優勢をふるうようになり、腸内環境が悪くなっていくのです。

 

そして、腸での仕事もスムーズにいかなくなってしまい、いつも疲れた腸になってしまいます。

 

ということからも、睡眠はしっかりとる必要があるのです。

まとめ

 

胃腸の調子がいいことは、体全体の健康につながっていきます。また、唇が潤ってキレイな状態だと、気分的にもいいものです。

 

たとえ、リップクリームを塗ってつくろったとしても、唇のガサガサの解決にはなりません。根本的な原因をなおさないと、本当のキレイな唇にはならないのです。

 

唇がガサガサで困っている人は、この機会にぜひ、キレイな唇を目指して、胃腸の調子を整えていってみてください。